平和の本

『平和の本』-バーナード・ベンソン作-

世界平和を願い、1984年にYMCA同盟から出版された『平和の本』を紹介させていただきます。

ある日、男の子と女の子(低学年の小学生)が出会い、今の世界を嘆き、何とかしようと考えます。
「テレビ局に行って、世界の人に訴えよう」

少年は、カメラの前に立ち訴えます。

「ボクは死にたくなんかない!生きていたいんだ!バカな人たちの言うことなんて聞くことない・・・生命(いのち)の言うことだけを聞けばいい。だって生命(いのち)はみんなの心からの叫びなんだもの。バカな人たちに、僕たちの地球をめちゃめちゃにさせないで・・・」

少年の頬を伝わって二粒の大きな涙がこぼれ落ちます。この少年の涙を世界中の人が見ました。そしてこの涙が地球を救ったのです。

次の日の新聞という新聞は、この出来事だけを知らせ・・・たった“ひとつ”涙をこぼしてる少年の大きな写真だけが載ったのです。

「世界の子どもたちはみんな死を望んではいない」

あまりの反響の大きさに3つの超大国の大統領が少年との面会を希望したのです。

少年は3つの超大国の指導者に平和を訴えますが、それぞれ事情があり同意を得ません。

少年は大統領に言います。

「隣人から自分たちを守ることだけを考えるのは、戦争へと向かう武器のいる道です。けれども、自分たちの方から隣人を守ってあげようと考えるのは、平和へと向かう武器のいらない道です」と。

大統領は国民に向かって呼びかけました。

「世界の皆さん、今、私は恐ろしい夢から覚めました。死の雲が最後の一人を窒息死させてしまうまで、私たちを分厚く覆っていました。その時私にはこの雲だけしかわからなかったのですが、黒い渦巻きを噴き出していたのは、実は私自身の頭からだったのです。しかし、突然、一筋の光が私の目を開かせてくれました。それは消えることのない光でした。少年の澄みきったやさしさが私から死の雲を追い払ってくれ、私に陽の光を届けてくれたのでした」

この本では締めくくりにこう伝えています。

「いま、世界がひとつになれたのは、“生きる”ことによって・・・だったのです

平和を願う祈り

神よ、私をあなたの平和の道具としてお使いください。
憎しみのあるところ、愛を
いさかいあるところに、赦しを
分裂のあるところに、一致を
迷いのあるところに、信仰を
誤りのあるところに、真理を
絶望のあるところに、希望を
悲しみのあるところに、よろこびを
闇のあるところに、光を
神よ、わたしに
慰められることよりも、慰めることを
理解されることよりも、理解することを
愛されることよりも、愛することを望ませてください。

「聖フランシスコの平和を願う祈り」より

「深い信仰で抵抗することはできます」

ガサ地区で逃げ惑う一般市民の言葉です。
親が爆撃で死亡。
家も学校も破壊された子どもたち。
しかし、ガザにはストリートチルドレンは存在しません。

親兄弟を失っても、祖父母など親戚の人が子どもを引き取り、育てていくのが当たり前になっています。
今日の水、食料さえ事欠くガサ地区。
自分一人生きていくのもままならない。
それでも新しい家族として生きていく。
食事を分け合い、爆撃された建物の中で遊ぶ子どもたちの笑顔。
今の日本が見習うべき「生きる力」を感じます。

冒頭に記した「平和を願う祈り」を自分のこととして読み直しました。

憎しみの渦中にある時、憎む対象を、愛をもって赦すことができるだろうか。
誤りに気付いた時、素直に誤りを認め、「ごめんなさい」と言えるだろうか。

自分の思いひとつでどうにかなることであっても、自分のこころのコントロールは難しい。

そこに相手が存在し、その間でおこった問題-憎しみ、いさかい、分裂、相互不理解-があるとき、その解決はより難しい。

問題が生じた相手を慰め、理解し、愛する・・・

私はまったく逆。まず相手から、慰められ、理解され、愛されたい。そうされたら、私もあなたを慰め、理解し、愛しましょう。

あくまで条件付きです。

ガサに住む人たちに学ばねばなりません。
 

おかげさまで創業75周年

1947年4月13日、亡父牧口五明は損害保険の個人代理店を開業しました。敗戦後2年も経っていません。

父は戦中、九州小倉の軍需工場に単身勤務していました。身体が弱かったので兵役は免れたようです。

「マッカーサー回顧録」によれば、長崎に落とされた原爆は、実は北九州に投下する予定だったとのこと。あいにく天候が悪く、北九州の予定が長崎になったようです。予定通り北九州に原爆が落とされていたら、私は生まれていません。

戦前、父は後藤静香先生の教えを関西で広めていました。生計を立てるためもあって、本屋もしていました。扱っていた本は後藤静香先生の著書、キリスト教関係の本、一燈園の西田天香先生の本など限られていました。

大阪にあった本屋は戦争で焼けてしまったので、父は保険屋をはじめました。

本屋時代も何とか本を売ろうとすることはなく、良書普及に努めていました。保険屋になっても同じで、保険本来の趣旨「一人は万人のために、万人は一人のために」という考え方を広めようとしていました。自分が災害にあった時のために「保険」は必要ですが、他人が災害にあった時のために、一人一人が協力(拠出)するのだという考えを説いていました。

また、お客さまに会う時に、その人にあった書物を紹介したり、小冊子を差し上げたり、キリスト教の話をしたりしていました。保険販売というイメージは全くありませんでした。

保険をたくさん売って、いっぱい儲けてということはありませんでしたが、「同じ保険を買うなら牧口さんから」というお客さまの支えで何とか生活できていました。

私が父の仕事に携わったのは1975年からです。

自分の給料は自分で稼がなあかん。目標を立てて行動に移しました。そんな私を父はたしなめました。

「自分の都合で売上目標を立てるものではない。すべては神さまに委ねなさい。神さまは必要なときに、必要なものを、必要なだけ与えてくださる。」

父が言いたかったことを理解するのにかなりの時間を要しました。

2018年、社長を長男に譲りました。創業75年。よくぞ潰れず、ここまできたものだというのが素直な感想です。

本当にみなさまのお陰です。ありがとうございました。